2021年度11月全国統一高校生テスト

模試

今やるべきことが、はっきり分かる。学力を伸ばす模試。
「全国統一高校生テスト」に君を特別招待します。

模試受験の目的は、学力を測り志望校の合否を判定することだけではありません。大学受験を目指す高校生にとって本当に大切なのは「学力を伸ばす」ことです。東進は、日本の将来を担う高校生の誰もが受験できるように、「全国統一高校生テスト」を年2回(6月と11月)、全国1,100カ所以上の会場で無料実施しています。

このテストでは、自分の弱点や、やるべき課題が明確になり、学力を伸ばすヒントが得られます。このテストが皆さんにとってまだ見ぬ全国のライバルたちと出会い、共に切磋琢磨し、志望校合格とその先の志の実現に向けた大きな一歩となることを願っています。皆さんの成長は、多くの課題に直面する日本を元気にする原動力となるはずです。

共通テストを体験しよう!
大学入学共通テストの「『知識・技能』だけではなく『思考力・判断力・表現力』を測る問題」を入試本番同様の緊張感の中で体験することができます。本番の難易度や科目・分野ごとの得意不得意を知ることで、本番を見据えた学習が可能になります。

東進では共通テスト型の模試を「共通テスト本番レベル模試」とあわせて2カ月に1回の頻度で年間計6回実施しています。連続受験で、自分の学力の伸びを測る「学力のものさし」として活用できます。

全学年統一部門・高2生部門・高1生部門の3部門で実施します。

生徒のみなさんが受験しやすいよう、各学年に対応した受験部門でテストを実施します。

部門名部門の特徴高3生高2生高1生
全学年統一部門全学年統一部門は、「大学入学共通テスト」本番と同じレベルの問題を出題します。
来年1月の「大学入学共通テスト」の予行演習として、現在の基礎学力の総点検ができます。
高2生部門高2生部門・高1生部門は、「大学入学共通テスト」に対応した問題を各学年の履修範囲に沿って出題します。
高1生部門学習進度に合わせた問題で「大学入学共通テスト」を早期に体験することができます。

☆意欲のある高2生・高1生は全学年統一部門にチャレンジすることもできます。高1生は高2生部門を選択することもできます。*高0生を含む(高校生レベルの学力を持った中学生)

特長1「君だけの診断レポート*」 やるべき課題が明確になる *成績表
単元ジャンル別に君の学力を徹底診断。君の得意・不得意を明確に示します。また、総合評価による志望校の合格可能性に加え、目標点に対する到達度を測る『絶対評価』により、合格までどの分野であと何点必要かを明らかにします。

特長2「君だけの診断レポート*」は試験実施から最短中5日でスピード返却 *成績表
模試受験後は復習がとても重要です。受験本番までの限られた時間を有効活用するために、君だけの診断レポート(成績表)は、試験実施から中5日でスピード返却します。忘れないうちにすぐ復習をすることで学習効果を高めるだけでなく、志望校合格までの具体的かつ的確な学習計画を立てることができます。*成績の主要項目は試験実施から中3日でWEB成績速報

特長3実力講師陣による解説授業で効果的な復習ができる
充実の解答解説に加え、東進の実力講師陣による合格指導解説授業を実施します。
多くの受験生を志望校合格に導いてきた実力講師陣の講義では、重要ポイントが手に取るようにわかります。復習の有無は、入試本番で似た問題が出題された時の正答率の差となって現れます。受講は自分のスケジュールに合わせて日程・時間を選択できます。*東進ドットコムでは、リスニング音声を聴くことができます。

全国統一高校生テスト 実施要項   無料招待

●日程 2021年11月7日(日) 

●インターネット申込締切 2021年11月4日(木)まで
*校舎申込の場合、席が空いていれば直前まで受け付けています。

●実施会場 東進衛星予備校・東進ハイスクール各校舎、東進公認会場、特別会場

●対象 高3生・高2生・高1生・高0生* 
*高0生とは高校生レベルの学力を持つ意欲のある中学生のことです。

●試験方式 全教科マーク式 
全学年統一部門で受験した場合、最大6教科8科目まで受験できます。

●実施教科・科目等 意欲のある高2生・高1生は全学年統一部門にもチャレンジできます。高1生が高2生部門を選択することもできます。

教科・科目全学年統一部門高2生部門高1生部門
英語リーディング英文読解問題(CEFR A1,A2,B1レベル)英文読解問題(CEFR A1,A2,B1レベル)英文読解問題(CEFR A1,A2,B1レベル)80分100点
リスニングCEFR A1,A2,B1レベルCEFR A1,A2,B1レベルCEFR A1,A2,B1レベル30分100点
数学①数学Ⅰ・数学A数学Ⅰ・数学A全範囲数学Ⅰ・数学A全範囲70分100※3
数学②数学Ⅱ・数学B数学Ⅱ・数学B全範囲数学Ⅱ・数学B全範囲60分100点
国語国語*1近代以降の文章(現代文)、古典(古文・漢文)近代以降の文章(現代文)、古典(古文・漢文)近代以降の文章(現代文)、古典(古文・漢文)80分200点
理科 グループ①物理基礎、化学基礎、生物基礎、
地学基礎より2科目*2
各科目 全範囲60分100点
理科 グループ②物理、化学、生物、地学から最大2科目各科目 全範囲1科目60分
2科目120分
100点
200点
地理歴史・公民世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、現代社会、『倫理、政治・経済』から最大2科目各科目 全範囲1科目60分
2科目120分
100点
200点
教科・科目全学年統一部門高2生部門・高1生部門
地理歴史・公民第1解答科目*48:30~9:30
第2解答科目*4,59:45~10:45
国語*110:55~12:15 10:55~12:15
昼休み12:15~12:55 12:15~12:55
個人マスター記入12:55~13:15 12:55~13:15
英語リーディング13:25~14:45 13:25~14:45
リスニング14:55~15:25 14:55~15:25
数学①15:35~16:45 15:35~16:45
数学②16:55~17:55 16:55~17:55
理科選択パターンA,B,C,D18:10~19:10
選択パターンC,D19:20~20:20
パターン 科目選択方法 時間割
A. 理科グループ①から2科目 18:10~19:10
B. 理科グループ②から1科目 18:10~19:10
C. 理科グループ①から2科目および理科グループ②から1科目 18:10~19:10(*1受験) 19:20~20:20(*2受験)
D. 理科グループ②から2科目 18:10~19:10(第1解答科目受験) 19:20~20:20(第2解答科目受験)

*1 現代文または現代文・古文のみの受験も可能
*2 理科の「基礎」を付した科目は、2科目選択必須(計60分、50点×2科目 計100点)です。
*3 高1生部門は200点
*4 地理歴史・公民2科目受験者および理科選択パターンDの受験者は、必ず指定された時間に第1解答科目、第2解答科目を受験してください。
*5 地理歴史・公民1科目受験者は第2解答科目の時間に受験してください。

●提供資料 東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
解答解説集・リスニング音声…試験当日から公開

●合格指導解説授業
①受講方法…校舎受講(申込校舎にてお申し込みください)
②受講期間…試験実施翌日から2022年3月31日まで

●個人成績表返却
11/11(木)~結果の一部をWEB速報、
11/13(土)~個人成績表を返却
① 個人成績表返却…詳細な個人成績表は、試験実施から中5日の返却開始日より1カ月の間に、受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受け取りください。(受付時間は受験校舎にご確認ください。)
② WEB成績速報…試験実施から中3日で得点、志望校判定や優先学習単元を速報します。